当サイトは,アイフル店舗情報サイトです。
全国各所にあるアイフル店舗に関する情報が盛り沢山です。


お近くのアイフル店舗情報は下記から!

アイフル返済の際は、手数料も計算しましょう!


アイフル返済の際は、手数料も計算しましょう!


アイフルで借りるならあえて専用のATMを探さなくとも、
バラエティーに富んだ提携ATMで十分…それは十分にはないとは言えません!

そもそもアイフルはネットからでもカードを作ることができる事もあり、
ATMは提携ATM以外身近に存在していないことだって考えられるでしょう。

ですが、もしもアイフルATMも提携ATMも側にあるのではないかというのなら、その利用割合には考慮のすきがあります。
実は提携ATMというのは、利用ごとに費用がかかるようになっています。これは入金(返金)と出金(借金)ともに変わりません。

一見すると「あんなに便利なATMなら特別これくらいは構わない」と感じる値段かもしれません。
確かにここぞ!という時に出し惜しむ額とは思えないものの、
返済を月々ATMから行ったり、しばしば融資を受ける事が多いときは良く考えましょう。


20万円を借り入れて毎月2万円ほど返済したら、
金利を除外したら返済が10回、つまり手間賃が2160円ほど発生している事になります。
これは借入金額からの率で考えたとしても、
決して軽視は出来ない金額ですし、返済期間が延びるとさらに高く付加されます。

アイフル専用ATMを活用すると違ってくる事をリサーチ!
ここまで説明したら何となく予想もされているかもしれませんが、
重要なことなのできちんと確かめておきましょう。

アイフル専用のATMでカードローンを利用した場合、
入出金の手数料は余すところなく無料で取り引きができます。

金額や手続きとは無関係に完全に無料のATMは専用のATMだけとなっており、
このワンポイントこそがアイフル専用ATMの長所となっています。

しかもアイフルのATMは設置場所によって多少異なりますが、
ほとんどが7時から23時まで使用ができるような仕組みになっています。

設置場所的な心配事で言えばコンビニには劣るかもしれませんが、
時間的な点を考えると、銀行ATMを遙かに上回っていますね。

そして何よりお金が掛からずに借りることができるし返す事も可能なので、長い期間の返済に非常にぴったりです。

つまり、
以下のような場合はアイフル専用ATMを使うべきという事になります。


・返済が1年からなど長期化する場合
・すぐ近くにアイフルATMが設置されている場合
・ちょくちょく融資を使う機会がある場合


この中で一つでも当てはまるならアイフルATMがお得になりますので、
とにもかくにも念頭において利用をしてみましょう。


タグ:

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません