当サイトは,アイフル店舗情報サイトです。
全国各所にあるアイフル店舗に関する情報が盛り沢山です。


お近くのアイフル店舗情報は下記から!

アイフル引き落としができる連携ATMについて


 

アイフルくらいのスケールになると、のみに絞ったATMが国内至る所に用意されており、いなかに関係なく手間無く利用することができます。

ただし、専用ATMはそれなりに人通りがたくさんあるところに重きを置いていますので、自分の会社のATMだけでは全てのお客様が補充できるということではありません。

しかし、アイフルはなんと銀行でも使えるのは知っていましたか?
銀行のATMは多くの会社と結びついており、アイフルもそのうちの一つです。

金融事業者によってどちらの銀行で利用可能かが異なっていますが、
アイフルの場合はどのような銀行で借りることができるのか、
そしてそれ以外の利用方法についても対応していきます。

 

カードローンにつきものとなる『応対ATM』とはどんな事項?
日頃の暮しにて街を歩行する事があるとよく感じられますが、
私たちの身近な所には、思いのほかたくさんのATMが見受けられます。

アイフルの専用ATMだけに限らず、銀行のATMなどは百貨店や駅構内など実に数多くあります。

もしもこのようなATM全てで消費者金融のカードローンが利用OKだとすると、
私たちの日々の生活にさらに手を煩わさずになるだろうと思います。

しかし、本当のところはそんなことはないのです。
カードローンを作る前に概要を見ていると良く理解できると思いますが、
カードローンには『対応ATM』というものがあります。

考えていたほど遭遇された人も少なくないと思われますが、
ATMに入れ込んで利用するカードの種類は、未適応のATMに挿入するとすぐに放出されてしまいます。

同じように「アイフルのカードはどんなATMでも応対している!」
と思い違いして見境無く多種多様なATMに差し込んだり実行していると、ミスにも良く遭うことになります。

この行為自体が法律違反であるということはありませんが、
おもしろ半分で何回も続けていると、監視カメラに記録されているので指導される可能性はあります。

それに何より、緊急時の出費に対応する為カードローンを持っているのに、
対応ATMを存じ上げなかったせいで全く使えなかった…なんて事も挙げられます。

始める前に自分のカードローンの対応ATMを知る事は、
カードローンとしての特長を十分有している為にも必要不可欠な事であるのは記憶しておいて下さいね。
(⇒提携銀行でアイフルをもっと活用!)

それを踏まえて、これからアイフルを始めとした消費者金融の適応ATMについてベースを学習していきましょう。


当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません