当サイトは,アイフル店舗情報サイトです。
全国各所にあるアイフル店舗に関する情報が盛り沢山です。


お近くのアイフル店舗情報は下記から!

銀行グループではないアイフルは銀行ATMを使用できるのか?


銀行グループではないアイフルは銀行ATMを使用できるのか?

知名度の高いサラ金の多くは、銀行の傘下会社となり
その商売についても銀行が深々と関わりを持っています。

アコム(三菱東京UFJ銀行関連)
プロミス(SMFG業界)
モビット(三井住友銀行関連)

このように、どこかで聞いた事がある消費者金融は、
日本三本の指に入る大銀行と関わっています。

所定の銀行の傘下にあるという事は、
言うまでもなく自己と同じグループの銀行ATMとも互換性があるという事です。
その為、有名な消費者金融は一流の銀行のATMからでも利用できるので極めて実用的ですね。
消費者金融は貸金業法改正からほとんどが廃業したりするほど情勢が悪くなったのですが、
大手の消費者金融なら銀行も求めるほど個人対象融資の手法が積み上がっていたので、連携する事での良い点は数多く見られたのです。

そのメリットの一つがATMの利用ですが、アイフルはどうなのでしょうか?
本当のところアイフルは銀行の配下ではなく、
現在でも独自に直接運営されている金融会社であり、関連事業でもかなりの圧倒感を見せつけているのです。

アイフルの傘下にはライフカードなどの有名クレジットカードもあり、
依然としてそのスケールが見て取れますが、銀行系じゃない事で銀行のATMは利用できないのでしょうか?

アイフルは銀行ATMもOK!連携銀行は間違いなく存在します
銀行傘下じゃないと銀行ATMは使えない…などというような事は、実際のところないのです。
アイフルは銀行傘下にはなっていないものの、いくつかの銀行と提携しておりATMから利用する事ができるのです。
アイフルが利用することができる銀行のATMについては、下記のようになります。

三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
親和銀行
福岡銀行(借用のみ利用可能)
熊本銀行(借用のみ利用可能)

このとりわけ特に『三菱東京UFJ銀行』と『イオン銀行』におきましては、
国内至る所に支店やATMを運営していることによって極めて使い勝手が良いです。

限られた銀行は借入金のみとなっていますが、
返金を自動引落としなどにすればさほど使いにくさは感じ取れません。

銀行傘下にならない限り銀行ATMが使えないというわけではなく、
銀行と手を結ぶ事で便利なサービスを出すことが出来るのです。
アイフルはその名の通り真新しい消費者金融ではありますが、
利用できる銀行ATMの数は銀行傘下の消費者金融と桁違いな差があるわけではありません。


タグ:

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません